本文へスキップ

メタルギアソリッド5ファントムペイン【攻略・まとめ】

マザーベース攻略

S+以上に十字勲章を付けると各班レベルはどれだけ上昇するか

各班500人のS+以上に十字勲章を付けた場合の班レベル変化を記録
戦闘 127 132
警備 124 129
研究 117 123
拠点 121 126
支援 123 129
諜報 117 123
医療 118 123

MGS5TPP記事ナビに戻る


[兵士育成論]兵士の能力が上がるのは3度

  • プレイキャラとして使用する(練度が貯まると一回だけ能力UP)。または、派遣へ複数回出して(功労賞)をもらう。
  • プレイキャラとして使用し、FOBで防衛を成功させる。
  • 難易度の高い派遣へ出して無事に生還させて(十字賞)をもらう。

これらを3つ取ると、さらに一段階分程度の能力補正が付く。

マザーベースで入れる部屋が少なすぎて残念

研究開発 ヒューイ バトルギア開発部屋
医療施設 クワイエット 独房
パス 病室(イベント終了後は入れない)

しかもそこでは、歩き回ることしかできない。
そう、マザーベースの部屋は視覚要素のみの手抜き設定なのだ。

マザーベースで出来る一覧

  • シャワーを浴びる
  • 隊員殴って士気上げる
  • ダイヤモンドを探す
  • DDを撫でる
  • 動物と戯れる
  • 尋問や盗み聞き(情報集め)
  • ポスター眺めたり剥がしたり
  • クワイエットを眺める
  • エメリッヒを眺める
  • パスのイベント
  • エンブレムが落ちている

兵士回収術

英雄度が上がれば勝手にランクの高い兵士が集まってくるようになる。
序盤は片っ端から兵士を回収しましょう。
英雄度は普通にプレイしててもガンガン上がります。

満員になったら施設拡張と雑魚兵士解雇。
アビリティC以上とスキル持ち兵士は残しましょう。

兵士は前線で戦闘することによって、キャラクターとして成長していきます。
愛着のある兵士は直接雇用して死なないように注意する。

マザーベースに戻る方法

  1. スタート
  2. ミッションタブ
  3. ヘリ支援
  4. ピックアップ
  5. ヘリ搭乗
  6. ミッションタブからマザーベースに戻るを選択

ムードメーカーとトラブルメーカー

ムードメーカーについて

  • 「全体士気上昇」効果がある。
  • トラブルメーカーをおさえる効果はほとんどない。
    (ハラスメント対策に多少の効果あり)
    (トラブルメーカー1人に対してムードメーカー5人必要)
  • ムードメーカーでもマザーベース内の不摂生は防げない。

トラブルメーカーの悪影響は主に3つ

ハラスメント 主に女にダメージを与える
自殺に追い込む
男しかいない場合は男にも影響が及ぶ
抑えるためにはその5倍の人数のムードメーカーが必要
不摂生 病気を媒介し仲間を病気にする 寄生虫感染者と同レベルの危険な存在
ムードメーカーでも抑えられない
暴力 主に男に暴力
例えS++だろうが自殺に追い込む
ムードメーカーでも抑えられない

一般兵が死ぬ理由はほとんどトラブルメーカーのせい!?

ミッションに派遣して死亡
PTSDによって自殺 トラブルメーカーの暴力
PTSDによって女性が自殺 トラブルメーカーのハラスメント
病死 トラブルメーカーの不摂生で病気が蔓延
トラブルメーカーは早急に解雇したほうがいい。
S++であっても解雇を考えよう。
トラブルメーカー持ちの兵士はあまりスキルの高いやつがいない。
ビックマウスの兵士は割と高いステータスを持っている。

燃料・資源集めのコツ

  1. サイドオプス等で、GMPと能力の高い兵士を集めて開発レベルを上げる。
  2. 輸送技術(運搬技術)のスキル持ち兵士を回収して『フルトン回収』を開発する。
  3. コンテナが回収できる段階まで開発する。
  4. 戦闘班派遣して資源回収する。

※マザーベース内のコンテナをフルトンしても資材は増えない。

シャワー効果

  • リフレックスモードの持続時間が上昇
  • フルトン回収の成功率が上がる
  • ダメージ耐性が上がる
確かに。
シャワー浴びてなかったら、フルトン回収天候晴れでも90%で失敗した。

マザーベースの成長と理想的構成員

資源は『コンテナ回収』で大量にゲットできるようになるぞ。
ミッション20 C以下を全員首にする
ミッション30 B以下を全員首にする
マザーベースのフル拡張が完成する
ミッション40 A+とSの人材の

今作でパワーアップしたマザーベースが凄い

  • 内部を移動できるようになった。スタッフに顔を見せて士気を上げたり、兵士たちの話をきいたりできる。
  • マザーベース内で射撃訓練ができる。
  • 施設を訪れることでイベントが発生することがある。
  • スネークの体の汚れを落とすシャワー室がある。
  • 移動用の車輛の存在。
  • 宅配便!?ダンボールに入ると離れた場所に届けてくれる「ダンボール配送」の存在。
  • 施設や車輛等は色やエンブレムのカスタマイズが可能。
  • スタッフの収容人数の上限が増え、さらに余剰人員は待機室に置いておける。

関連リンク

MGSPW』では収容人数を超えたスタッフは雇用できなかったが、本作では班員数の上限が増え、余剰人員も待機室に置いておける。そのため、収容人数を考えずにどんどんスタッフを増やせるし、班の編成もじっくり考えられるようになった。この点を含め、マザーベースのシステムはより完成度が高まっているといえる。なお、マザーベースの各要素については、オセロット役の三上哲氏の解説付きで、解説デモが公開されている。こちらもチェックしてほしい

獲得研究値